心地よい眠りのために

心地よい眠りを手に入れるためには、寝る前に飲み物を飲みながらリラックスするとよいですよね。
そこで、寝る前に飲むとよいと思われる飲み物を集めてみました。

・ホットミルク
 むかしから、眠れない夜には、ホットミルクがよいとされているのは、体を温めるだけでなく、牛乳にはカルシウムとセロトニンが多く含まれていて、神経の高ぶりを抑えてくれるため、入眠効果が高いのです。
 ただし、熱くしすぎると、逆に神経が緊張させてしまうので、要注意です。

・ハーブティー
 やはり、落ちつくと言ったら、ハーブティーでしょう。でも、あまり香りのきついものや味が刺激的なものは逆効果です。
 ハーブは、症状によって使い分けるとより効果的です。
 まず、思いつくのはカモミールとラベンダー。強い鎮静作用があるので、心地よい眠りにつくことができます。
 心配事や不安感で眠れないときは、パッションフラワーが効果的。
 神経が高ぶって眠れないときにはリンデン。
 食べすぎなどで、おなかが持たれているときには、ペパーミントで、胃をスッキリさせるとよいです。

逆に、寝る前に飲まない方がよいものもあります。
・お茶、コーヒー
 カフェインの覚醒作用は眠りにとっての天敵です。
ただし、飲まないと落ち着かないというのならば、無理に控えるのはやめましょう。
 よく眠れるようになってきたら、少しずつ他の飲み物に切り替えるなどしていけばよいのです。ノンカフェインのコーヒーを試してみるのもよいでしょう。

・アルコール
アルコールを飲むと、眠りに入りやすくはなり、一度は深い睡眠に入るのですが、すぐに浅い睡眠が増えてきて、夜中に目覚めやすくなります。
また、毎日の飲酒によってアルコールに対する耐性ができてくるので、催眠効果も弱まってしまいます。
さらに、アルコールは寝ている間に働いている抗利尿ホルモンの働きを邪魔してしまうので、その結果、何度もトイレに行くために目が覚めて、眠りが寸断されてしまうことになるのです。

 
 
横浜ランドマークプラザの美容室クオール